コーヒータイム

アクセスカウンタ

zoom RSS シェパード犬

<<   作成日時 : 2017/03/22 12:45   >>

トラックバック 0 / コメント 48

先日 一人でウォーキングをしている時 若い女性が

大きな シェパード犬を散歩させているのに 出会いました。

私は 昔飼っていたシェパードの リョウを思い出して

近寄って行き 手を差し出しました。

それまで ウーウーとうなっていたその犬が なんと

私の手を ペロペロとなめてくれたのです。

嬉しかった〜。



その シェパードで思い出した話があるので ここに書いてみますね。


東日本大震災があった翌日 3月12日 災害救助犬 レイラは

生存者を必死に捜した がしかし 一人も発見することは出来なかった。

でも レイラは 事あるごとに 飼い主 村田さんの方を向き 

悲しそうな表情を見せたのです。

それは 今までに見た事のない レイラの表情でした。

不思議に思った村田さんは レイラが 悲しい表情をするたびに

その場所に 旗を立てていきました その数 150本以上。

あとで そに旗の所を掘ってみると 次々と遺体が出てきたのです。



災害救助犬は 生存者を見つけた時には 吠えて 人に知らせる訓練を

受けています。 

しかし レイラは 生存者ではなく 遺体である事がわかったため

吠えずに 悲しい表情を見せていたのでした。

こうして たくさんの遺体を発見したレイラでしたが その代償は大きく

体に ある異変を起こしてしまいます。

それは においを ほとんど感じなくなってしまう鼻の異常でした。

人間の 3000倍と言われている 犬の嗅覚。

レイラは 遺体をたくさん 嗅ぎすぎたことで 鼻が麻痺し

においを感じなくなってしまったのです。



その後レイラは 災害救助犬としての 活動が困難になり 

飼い主 村田さんの愛情をたくさん受けながら 2014年 11歳で

旅立ちました。

人の命を救うために 自分の命を犠牲にして 危ない現場に入って行く

というのが 救助犬。 

辛い話を 思い出してしまいました。



うちが飼っていた シェパード リョウは 何の得意わざもなく 

平凡な犬でしたが かわいかったな〜。

この写真 バンと リョウです。

バンが 前に写っているので バンのほうが大きく見えますが

バンは この時 12キロくらい リョウは 38キロくらい。

バンとリョウは どちらも メス犬です。


画像







月別リンク

コメント(48件)

内 容 ニックネーム/日時
とても悲しい話ですね。
災害救助犬 レイラは素晴らしい犬ですね。
臭いを嗅ぎ過ぎて嗅覚が麻痺するなんて、
初めて知り・驚きました。
カメさん
2017/03/22 13:13
こんばんは〜♪

なんと悲しいお話でしょうか。
犬も嗅覚を使うと 疲れるそうですね。
警察犬も 連続で嗅ぐと嗅覚が衰えるそうです。
災害救助犬も 命がけなんですね。
私は飼ってはいませんが 犬は大好きです。。。
バンビ2
2017/03/22 18:24
人間のために一生懸命働いてくれるワンちゃんは沢山いますね。
盲導犬も、自分がどんなひどい目にあっても、主を守るために耐えているそうですよね。
そんな、一生懸命働いてくれた犬の余生が幸せであってくれることを祈るばかりです。
えりこ
2017/03/22 19:50
犬も与えられた仕事を忠実にこなしています。
偉いですね。
人間もこの人だけは守ろうと思うと死にもの狂いになりますが、いろんな欲も入ってきて、純粋ではなくなってしまいます。
何事も一途に成し遂げようとすると、非常に疲れます。
その犬も疲れてしまったのですね。
可愛そうに思います。
はるる
2017/03/22 20:03
記事を読ませて頂き、涙が出ました。
犬にとって大切な大切な嗅覚を失うまで人のために
命がけで探してくれたレイナちゃん、本当にありがとう!!
最後、村田さんに愛情一杯大事にされて良かったです!
こんなに人に尽くしてくれる動物たち、一部の人達だとは思いますがどうして虐待できるのでしょうか!!

シェパードのリョウちゃん、あさがおさんのところで幸せでしたね(*^_^*)
あんこ
2017/03/22 20:25
こんばんは♪
悲しいお話ですが、優しい気持ちを思い起こさせてくれるお話でもありますね。
人間の世界では血生臭い話が多々聞かれる事の多い昨今ですが、動物に救われた思いです。
まきちゃん
2017/03/22 21:01
  カメさん
嗅覚を使いすぎると 疲れてしまうらしいですね。
人間のために働いてくれた レイラ。
本当にありがとう と言いたいです。
あさがお
2017/03/23 07:49
  バンビ2さん
犬も猫も 大好きなんですが この歳ではもう飼えません。
犬の介護も 体力をつかうのですよ〜。
リョウの介護は 主人と二人で もう大変でした。
あさがお
2017/03/23 07:50
  えりこさん
ほんと 盲導犬の痛ましい事件がありましたね〜。
刺されても ワンとも鳴かなかった。
目の見えない飼い主は 自分の犬が刺された事に気がつかなかった。
なんとも痛ましい事件でした〜。
あさがお
2017/03/23 07:52
  はるるさん
犬は 本当に 人間に忠実ですね〜。
忠犬ハチ公のお話は 世界中の人が感動した 有名な話です。
それで 世界各国で 秋田犬が飼われるようになっていますね〜。
あさがお
2017/03/23 07:55
  あんこさん
そうですね〜 一部の人たちが虐待して 動物を苦しめています。
とんでもない人たちですよね〜。
幼い子供を虐待する人 犬や猫を虐待する人 どちらも許せません。
そういう人には きっと天罰がくだりますね。
あさがお
2017/03/23 07:58
  まきちゃん
ほんと ほんと 動物には救われっぱなしですね〜。
私も リョウとバン 2匹の犬と共に過ごしたのですが 本当に癒されました。
犬も猫も 大好きですが 特に犬は 人間のためにたくさんの仕事をしてくれて ありがたい存在ですね。
あさがお
2017/03/23 08:00
(ஐ╹◡╹)ノ おはようございます〜♪

あさがおさんが お散歩中に
出会ったシェパード犬が
それまでウーウー唸ってたのに
あさがおさんが差し出した手を
ペロペロ舐めてくれた!って・・・
やはり 犬好きのあさがおさんと
わかっての事でしょうd(゚∀゚*)ネッ♪

「災害救助犬 レイラの話」
自分の身体をはって、嗅覚を
無くす程 遺体発見に貢献し
素晴らしいシェパード犬だったんですね ! 
♪のこ♪
2017/03/23 09:53
レイラの お話 何とも切ない
ですね。
必死に訴える レイラに すぐに
こたえることができなかったことが
悔まれます。
犬好きな人は イヌには すぐに
わかるのですね。
私は 犬嫌いでは 無いのですが
可愛いわんちゃんにあっても
怖くて 近寄れません。
フラバーバ
2017/03/23 13:11
こんにちは〜

悲しい話しですね。。。
飼い主さんの愛情を受けて旅立つことが
できたことにホッとしました

シェパードのリョウ君 体重が38キロ!
大きなワンコだったのですね
バンちゃんとの写真、いい写真ですね
hazuki
URL
2017/03/23 14:44
こんにちは
”災害救助犬のレイラ君”のお話感激致しました。人の為、世の為に活躍したレイラ君、またレイラ君を訓練した方々にも感謝しなければいけませんね。リョウ君とバン君の懐かしい写真なのですねとても優しい目をしていますね〜あさがおさんご家族にすごく可愛がられていた様子がうかがえます。幸せそうな顔ってわかりますもの。処分される寸前のワンコは本当に悲しそうな寂いそうな目をしてますもの。此方まで悲しくて辛くなります。
オパール
2017/03/23 15:38
  のこさん
私 犬がとっても好きなので どんなに大きな犬でも すぐに近寄って行きます。
犬にはわかるのでしょうね。
絶対 噛まれたことはありませんよ。
レイラは 飼い主さんの愛情をいっぱい受けて旅立った それが嬉しいですね。
あさがお
2017/03/23 17:43
  フラバーバさん
レイラの話は ずいぶん前に聞いたのですが 今回 お散歩中のシェパードに会ったことで 思い出してしまいました。
思い出すたびに 涙がでます。
小さい犬でも こわいのですか?
かわいいのに〜。
あさがお
2017/03/23 17:45
  hazukiさん
シェパードでも オスは 45キロくらいあります。
リョウは メス犬だったので 40キロを超えることはありませんでした。
でも 介護の時は 腰を抱えておしっこをさせていたので 重かったですよ〜。
あさがお
2017/03/23 17:48
  オパールさん
犬は 人のために働くように 訓練されることが多いですね。
体で覚えると 命をかけて 訓練どおりに動くので かわいそうな時もありますね。
レイラも 教えられたとおりに働き それで 体を壊した。
辛いですね〜。
バンとリョウは 何も得意わざはなかったけれど 幸せだったと思いたいです。
あさがお
2017/03/23 17:52
救助犬のお話、ありがとうございます。
ちょっと胸がずき〜んとしてきます。
いっしょにいた動物たち、思い出ですね。
子供の頃、よく遊んだ猫を思い出しましたよ。
ゆう
2017/03/24 10:19
災害救助犬のレイラのお話、知りませんでした。

遺体のにおいを嗅ぎすぎたことで、
鼻が麻痺ってそんなことになるんですね〜。

辛いお話ですが、最後は飼い主さんに、
大事にされて愛情をいっぱい受けて旅立ったのは、
救いですね。
COCOマミー
URL
2017/03/24 14:34
  ゆうさん
飼っていたペットを思う出すと 懐かしいやら 辛いやら 癒されるやら いろいろでが。
バンもリョウも 病気で逝ってしまったので 悲しい思い出です。
ゆうさんも 遊んだネコを思い出しておられるのですね。
あさがお
2017/03/24 15:17
  COCOマミーさん
最期は 飼い主さんの愛情をいっぱい受けて旅立ったので それが救いですね。
遺体のにおいを嗅ぎすぎて 鼻が麻痺するなんて かわいそうすぎます。
犬って すばらしいですね〜。
あさがお
2017/03/24 15:19
こんにちは

災害救助犬って 生存者にしか吠えないのですね。
初めて知りました。
なんて悲しい話でしょうか?

そして、その後 臭覚が衰えるなんて・・・
可哀想な お話です。
そらまめ
2017/03/24 16:16
  そらまめさん
生存者にしか 吠えないなんて 私も知りませんでした。
悲しいお話ですよね〜。
嗅覚が衰えて 仕事ができなくなるなんて・・・。
最期は 飼い主さんの愛情をいっぱい受けて過ごしたので よかったと思います。
あさがお
2017/03/24 17:20
救助犬としては悲しい結末でしたけど
晩年は家族に愛されて幸せだったと思います。
それにしても嗅覚が無くなるなんて、ね
人間でも辛いことですからね。
花世
2017/03/24 18:05
  花世さん
そうですね〜人間でも 鼻が利かなくなったら 辛いですよね。
まして 犬は 嗅覚がなくなったら 何も出来ませんよね。
飼い主が優しくて よかったです。
あさがお
2017/03/24 18:22
切なくて悲しいお話ですね。
生存者しか吠えないなんて初めて知りました。
やさしい家族と晩年が過ごせたことが救いです。
アマランサス
2017/03/25 08:50
災害救助で働く犬は
どう思っているのかなといつも思ってました
このお話を聞いてやはり犬は優しいな
と改めて感じました
レイラちゃん お疲れさまと心から言いたいです
リョウちゃんバンちゃん
優しいお顔をしてますね
あさがおさんをたくさん癒してくれたのだな
と思います
これは一番大切な得意技!です
ルーシーママ
2017/03/25 11:36
  アマランサスさん
生存者ではなく 遺体だと言う事も わかるのですね〜。
びっくりしました。
やさしい家族と 晩年が過ごせて ほんとうによかったわ。
あさがお
2017/03/25 20:45
  ルーシーママさん
ほんと 犬はやさしいですね〜。
どんな犬でも賢いけれど こういう働く犬は 特に賢いな〜と思います。
リョウとバン 私をたくさん癒してくれた その事が一番大切な得意わざ だなんて 嬉しいことを言ってくれますね〜。
犬との生活は 本当にすばらしかったわ。 
あさがお
2017/03/25 20:49
こんにちは
ご無沙汰してしまって申し訳ありません

レイラちゃん 素晴らしい仕事をしましたね。
遺体を見つけたときのレイラちゃんの気持ちを考えると辛いですね。

リョウちゃん
バンちゃんも とっても可愛いですねあさがおさんに愛情いっぱい育てられて幸せだったと思います。

こちらは桜が咲きましたが 今日はとっても寒く冷たい雨が降っています。
早く暖かい春になってほしいですね☆
ふりかけ
2017/03/26 13:06
  ふりかけさん
お久しぶりです。
お元気でしたか?
今日は こちらも 午後から 冷たい雨が降ってきました。
春よ来い という感じで〜す。
あさがお
2017/03/26 17:55
こんにちは。
レイラの切ないお話に心痛みました。
かつて犬を飼っていると犬も警戒しないんでしょうか。
私もその経験あります。
シェパード犬があさがおさんに近寄ってきたのもテレパシーが伝わったのでしょうね。
みなみ
2017/03/27 15:56
夫が復旧工事に派遣されたのは
震災から2ヶ月後の5月でしたが
毎日おさまらない余震(震度4程度)の中
津波の爪痕は 全く手つかずだったそうで
今更ながら 恐ろしい災害でしたね。
その中を活躍した救助犬。
本当に立派です。
11才で亡くなったとは
想像以上に激務だったのでしょうね。
まーち
2017/03/27 23:42
  みなみさん
私は バンがいなくなってから 犬に触れ合いたくて よそ様の犬に すぐ近寄って行きます。
すると たいていの犬は ペロペロとなめてくれますよ。
そんなことで バンのいない寂しさを 忘れようとしています。
あさがお
2017/03/28 09:41
  まーちさん
そうでしたね〜 まーちさんのご主人は あちこちのボランティアに参加されていましたね。
なかなかできることではありません。
私は そういうボランティアに参加したいという気持ちはあるのですが 一度もやった事 ありません。
実際 行動することは すばらしい事だと思います。
災害救助犬の寿命は 短いですね。
激務なんでしょうね。
あさがお
2017/03/28 09:44
あさがおさん おはようございます
何て辛いお話でしょう
できるかぎりのことをやり 最後にすべてを捧げて
旅立っていったレイラの心を思い せつなくてせつなくて涙がこぼれました
悲しい目のレイラの気持ちを汲み取ってくださった
ご主人様 辛かったことでしょうね
みかんママ
2017/03/29 09:25
  みかんママさん
犬の話を聞くと いい話なら うれし涙 辛い話でも又涙。
これは とても辛い話でした。
ずっと前に聞いた話ですが 今回 シェパードと出合ったことで 思い出してしまいました。
皆さんにも レイラの事を知って頂きたく アップさせてもらいました。
知ってもらってよかったわ。
あさがお
2017/03/29 10:13
泣けました。
その結果鼻がきかなくなるなんて、、、
悲しすぎますね。
花帆
2017/03/29 16:35
  花帆さん
一人でも多くの方に レイラの事をわかってもらえてよかったです。
最期は 飼い主さんの愛情をたくさん受けて旅立ったというのが せめてもの救いですね。
あさがお
2017/03/30 07:47
心が痛む悲しいお話ですね。
東日本大震災の悲惨さを感じます。救助はできなかったけど、遺骨は家族の元へ帰ることができたのだから、すばらしい仕事です。が、レイラにとっては辛いお仕事でしたね。十分 がんばった!
ケセラセラ子
2017/03/30 14:13
  ケセラセラ子さん
辛いお話ですが レイラの最期が 飼い主さんとの愛情あふれる生活であったことが 救いですね。
いい飼い主さんでよかった〜。
あさがお
2017/03/30 14:18
ご無沙汰しています。災害救助犬の話、弱いです。すぐウルウルしてしまって。でも、リョウちゃんとバンちゃんの写真が見れて、久しぶりに伺って良かったと思いました。
ピーの家族
2017/03/31 17:42
  ピーの家族さん
お久しぶりです。
あなたの 記事が どうしても見れません。
なぜ私のパソコンに 新しい記事が表示されないのか とっても不思議です。
あさがお
2017/03/31 22:53
あさがおさん・・・・・
リョウちゃんを思い出して泣いちゃった!
おたん
2017/04/20 02:21
  おたんさん
悲しいお話でしょう?
涙が止まりませんよね。
リョウの事を思い出して頂いてありがとう。
あさがお
2017/04/20 08:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シェパード犬 コーヒータイム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる